巨人 8回に救援陣が相次ぐ被弾 移籍の井納に原監督「余計な一発」

[ 2021年5月13日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5-5DeNA ( 2021年5月12日    横浜 )

<D・巨>5番手で登板した井納
Photo By スポニチ

 巨人は8回に救援陣が崩れた。高梨が一時逆転となる2ランをソトに被弾。さらに井納が移籍後初めて古巣の本拠地で登板し、新人・牧に左越えソロを浴びた。

 先発1試合を含む今季4試合目の登板で防御率は16.20。原監督は「今年の(9回打ち切り)ルールは緊迫した7、8、9回という形になる。(井納の)一発は余計だった」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月13日のニュース