ソフトB・甲斐 4号2点弾「非常に流れが良かったので思い切ってスイング」

[ 2021年5月13日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク8―8ロッテ ( 2021年5月12日    ペイペイD )

<ソ・ロ>7回2死一塁、左中間に2ランを放つ甲斐(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・甲斐が、一時勝ち越しとなる4号2ランを放った。3点差から6―6に追い付いた7回。押せ押せムードの中の2死一塁で、ハーマンの外寄り直球を強振し左中間スタンドまで運んだ。

 4月20日の北九州市民球場での楽天戦以来となるアーチ。「同点に追い付き、非常に流れが良かったので思い切ってスイングできました。みんなのつながりがあっての1本だった」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月13日のニュース