中日に「魔の7回」…またしても2死無走者から阪神に追いつかれる

[ 2021年5月13日 20:30 ]

セ・リーグ   阪神ー中日 ( 2021年5月13日    甲子園 )

<神・中(8)> 7回2死二塁、中日・ロドリゲスは近本に中前同点適時打を浴びる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 またしても「魔の7回」となった。中日の先発・ロドリゲスは7回途中1失点で降板。今季初先発での初勝利はお預けとなった。

 6回までは走者を出しながらも最速157キロの直球と縦横2種類のスライダーを駆使し、阪神打線を無失点に抑えていた。

 ところが1―0の7回2死から代打・原口を四球で歩かせると、代走・熊谷に二盗を許し、2死二塁から近本に同点の中前適時打を浴び、追いつかれてしまった。要所で武器となっていた縦スライダーが浮いたところを狙われた先発右腕はベンチで悔しそうな表情を浮かべた。

 11日の阪神戦も4―3と1点リードの7回2死走者なしから代打・原口の安打をきっかけに代走・熊谷が二盗を決め、糸原に同点打を浴びた。前戦と同じ回に同じような展開で追いつかれ「魔の回」となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月13日のニュース