勝敗を分けた7回の攻防 中日・与田監督は「強攻策」の甘さ認める「今日の戦術で勝てなかった」

[ 2021年5月13日 21:30 ]

セ・リーグ   中日1ー2阪神 ( 2021年5月13日    甲子園 )

<神・中(8)> 8回2死、サンズの勝ち越しソロに厳しい表情の中日・与田監督(右端)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 中日は阪神に逆転負け。明暗を分けたのは7回の攻防だ。

 1点リードの7回表、ビシエド、高橋周の連打で無死一、二塁と絶好のチャンスをつくった。しかし、木下拓が右飛に倒れると、阿部も一飛、根尾も左飛と後続がフライアウトに終わり、スコアボードに「0」が刻まれた。

 「チャンスで1本打てない。打てるようにするしかない」

 与田監督の声が空しく響く。無死一、二塁から木下拓が送りバントをし、1死二、三塁と走者を進めていれば、内野ゴロや外野フライで1点を奪える機会もあった。だが、木下拓はそれまで2安打していただけに、強攻策を選んだ指揮官は「結果的に今日の戦術で勝てなかった」と采配の甘さを認めた。

 無得点に終わった中日とは対照的に、阪神はその裏、2死走者なしから四球と盗塁で堅実に二塁へ走者を進め、近本の中前適時打で同点に。続く8回に又吉がサンズに決勝ソロを浴び、終盤に逆転され痛い敗戦となった。

 「ワンチャンスで打たれ、うちが打てず。とにかく打てるように頑張るしかない」と与田監督。スコアは1―2と接戦ながら、首位阪神に勝負どころでの力量差をまざまざと見せつけられた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月13日のニュース