ソフトB・二保 昇格へ 19日西武戦先発が有力

[ 2021年5月13日 05:30 ]

ソフトバンク・二保
Photo By スポニチ

 2軍で先発調整を続けているソフトバンク・二保が昇格する見込みとなった。4月中旬から水曜日のローテーションを任さていた和田は疲労蓄積を考慮され、登板間隔を空ける予定。そのため、二保は19日西武戦(メットライフドーム)の先発が有力だ。

 工藤監督は「状態がいいのは二保君。いい人を上げる方がいいのかな」と話した。昇格候補だった東浜は12日、筑後ファーム施設の室内練習場でシート打撃に登板。走者を想定し、60球を投げた。変化球の精度に課題を与えた工藤監督は「うまくいかなかったと報告を聞いた。それを無理して(上で)というのは良くはない」と合流を見送る方針を明かした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月13日のニュース