中日・大野雄 7戦連続完投ならず4回降板 「早い回で降りて申し訳ない」

[ 2020年9月16日 05:30 ]

セ・リーグ   中日3-6広島 ( 2020年9月15日    マツダ )

<広・中(16)>1回無死二、三塁、鈴木誠に3点本塁打を打たれた大野雄 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中日の大野雄が今季最短に並ぶ4回4失点で降り、連続完投が6試合で止まった。

 初回に3連打で先制を許し、なお無死二、三塁から鈴木誠に被弾。5敗目も付き、「ホームランだけは…という場面でホームランを打たれてしまった。早い回で降りてしまい、申し訳ない」とうつむいた。

 2回以降は無安打と立ち直っても、与田監督も「コントロールがうまくいってなかった」と立ち上がりの難しさを改めて指摘。ソロ3本で一時1点差に迫った反撃も及ばず、9連戦初戦を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月16日のニュース