DeNA 19日以降、観客の上限1万6000人で開催 新設「ウィング席」も販売

[ 2020年9月16日 23:18 ]

横浜スタジアム
Photo By スポニチ

 DeNAは16日、19日以降の大規模イベントにおける観客数上限の緩和措置に伴い、同日以降の主催試合を上限1万6000人として開催すると発表した。

 今季から新設された左翼後方の「ウィング席」を含む各席種を販売する。

 また今回の緩和措置に伴い、限定チケットを販売。19、20日巨人戦は「横浜スタジアムペーパークラフト付きチケット対象試合」(全ての席種が対象)、29~10月1日ヤクルト戦は「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2020Supported by 横浜銀行スペシャルユニフォーム付きチケット対象試合」(ビジター外野指定席、ビジター外野応援シート、ビジター外野わけあり席を除く対象)となる。

 詳細は球団ホームページにて。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月16日のニュース