ブルージェイズ・山口俊 6四死球の大乱調で7失点、チームは大敗で連勝ストップ

[ 2020年9月16日 11:35 ]

ア・リーグ   ブルージェイズ6―20ヤンキース ( 2020年9月15日    ニューヨーク )

ブルージェイズ・山口(AP)
Photo By AP

 ブルージェイズの山口俊投手(33)が15日(日本時間16日)、敵地・ニューヨークでのヤンキース戦に救援登板。2番手で1回1/3を投げ2安打6四死球で7失点した。チームは6―20で大敗し連勝は2でストップした。

 6点ビハインドの2回2死から1週間ぶりにマウンドに上がり、スタントンを空振り三振。しかし、3回は3連続四球で無死満塁とし、サンチェス、ウェードに連続押し出し死球。さらにラメーヒューに走者一掃の左翼線二塁打を浴び、この回5失点。4回無死一、二塁としたところで降板した。

 前回登板の8日(同)のヤンキース戦(バファロー)では、2点リードの5回に2番手として登板し、2回37球を投げ3安打1失点で今季2勝目(3敗)を挙げていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月16日のニュース