西武・栗山 4安打2打点の大活躍!先制9号ソロは「手応えはかなりバッチリでした」

[ 2020年9月16日 22:14 ]

パ・リーグ   西武3―1ロッテ ( 2020年9月16日    メットライフD )

お立ち台でガッツポーズする栗山(左)と浜屋(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・栗山が4打数4安打2打点の大活躍でチームを3連勝に導いた。

 初回の先制弾となる9号ソロについては「手応えはかなりバッチリで良いスイングが出来ました」と振り返り、5回の右前適時打についても「外崎と源田がチャンスを作ってくれてダブルスチールが失敗した中で非常に大事な場面でした。ここが勝負だと思っていたので何とかヒットになって良かったです」と振り返った。

 ルーキー浜屋の投球について聞かれると「浜屋は浜屋のピッチングをして、自分の出来る事をやってくれたらそれで十分です。今日は『本当にルーキーなのかな?』と思う堂々としたピッチングをしてくれました。僕たちがもっと早く点を取れたら良かったんですけど、僅差の試合でも安心して見てられる不思議な感覚でした」と称賛した。

 最後に「皆さんの期待に応えられるようにここぞの場面でこれからも打っていきたいと思います。浜屋が投げる日には何とか打てるようにこれからも頑張ります」とファンへメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月16日のニュース