広島・ピレラ 3番起用に応える決勝打 ヘッスラで判定覆り「走ることも自分の武器」

[ 2020年9月16日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6-3中日 ( 2020年9月15日    マツダ )

<広・中(16)>1回無死一、三塁、ピレラは右翼線に適時二塁打を放ちヘッドスライディングで一度はアウトの判定もリクエストがかかりセーフとなる (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・ピレラは、7月31日の巨人戦以来となる3番起用に決勝打で応えた。

 初回先頭の大盛の内野安打に、菊池涼のバスターエンドランが成功して無死一、三塁。カウント2―2からの大野雄の直球を右翼線に運んだ。二塁へのヘッドスライディングで、一度はアウト判定となりながらもリクエストで覆る2点適時二塁打となり、「打てる球を叩くというシンプルな考えだった。走ることも自分の武器」とうなずいた。

 6回の守備では、大島の正面の飛球をダイビング捕球するなど攻守に闘志を押し出した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月16日のニュース