同級生が語る中日・石川昂「周りに合わせず自分のやりたいことをやるタイプ」

[ 2020年7月13日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―7広島 ( 2020年7月12日    ナゴヤD )

<中・広>2回、プロ初打席で二塁打を放つ石川昂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】石川昂の活躍を誰よりも励みにしているのが、東邦の同級生で早大の熊田任洋内野手(19)だ。2人は在学中、一緒に下宿生活をしていただけでなく、新チームではキャッチボールのパートナーになるなど四六時中、生活をともにした。中心選手となって3年春の選抜優勝に貢献。熊田は石川昂を「良い意味でマイペース。周りに合わせず自分のやりたいことをやるタイプ」と振り返る一方で、野球については「キャプテンなのでプレーや背中でチームを引っ張る。ギャップがありました」と明かす。

 U18W杯でも打率・313と石川昂に引けを取らない好成績を残した熊田だが、プロ志望届を提出せず進学した。「4年後、石川と同じ舞台に立てるように頑張ります」。えんじ色の「WASEDA」のユニホームで汗を流す日々。「TOHO」の2人はいつかまた「Dragons」で同じユニホームを着ることを願っている。(中日担当・徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月13日のニュース