マー君、キャッチボール再開 復帰プログラム「ここまで順調」

[ 2020年7月13日 02:30 ]

ヤンキースの田中将大投手
Photo By スポニチ

 4日の練習で打球が頭部に直撃し、「軽度の脳振とう」と診断されたヤンキース・田中がキャッチボールを再開した。

 ヤンキースタジアムで小雨がぱらつく中、明るい表情で感触を確かめた。自身のツイッターで、3日連続で行っていたことを明かし「幸いなことにここまで順調に(脳振とうの復帰)プログラムを消化できています。引き続き慎重に…」とつづった。

 現在はリーグが定める脳振とうからの復帰過程の最中で、フィットネスバイクなどで有酸素運動を継続。オンライン会見を行ったアーロン・ブーン監督は「ここまでは望んでいた通り」としながらも「脳振とうを起こした場合はいつでも時間をかけ、賢明にならなければならない。(今後に関して)プランはまだ何もない」と慎重な姿勢を崩さなかった。 (ニューヨーク・杉浦大介通信員) 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月13日のニュース