中日・石川昂の恩師、初ヒットにエール「最高の野球選手。3冠王を目指してほしい」

[ 2020年7月13日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―7広島 ( 2020年7月12日    ナゴヤD )

<中・広>2回、プロ初打席で二塁打を放つ石川昂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ◆こちらデスク←→愛知東邦大東邦高野球部・森田泰弘総監督(61)

 ――高卒新人では12球団一番乗りで1軍昇格。初打席でヒットも打ちました。
 「11日に本人と藤嶋から昇格の電話をもらいました。“思いきってバットを3回振ってこい”と伝えました。どんな形であれ、1軍に上がれば、雰囲気や感覚をつかめる。どんな形でもヒットが出たことは良かった。気持ちが楽になるし、自信にもつながる」

 ――入団会見では(将来的に)3冠王を宣言しました。
 「36年近く高校野球を指導してきた中でいろんな選手を見てきましたが、石川は最高の野球選手。必ずやれると思っています」

 ――将来の4番候補として期待も大きい。
 「もちろん。ドラゴンズで4番を打ってほしいし、3冠王を目指してほしい。そういう力がある選手です」 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月13日のニュース