ヤクルト・嶋 登録抹消 右足「舟状骨」骨折 全治は未定

[ 2020年7月13日 05:30 ]

ヤクルト・嶋
Photo By スポニチ

 ヤクルトは嶋基宏捕手(35)が「右足舟状骨」の骨折で出場選手登録を抹消すると発表した。11日の巨人戦にフル出場したが、9回裏の守備で打者のファウルチップが右足甲付近に当たって受傷したもよう。

 試合後に神戸市内の病院で診察を受けた。全治は未定。嶋は昨年オフに楽天を自由契約となりヤクルトに入団も3月21日の阪神との練習試合で死球を受け、右手親指付近を骨折。地道なリハビリを経て戦列に復帰し、6月19日の中日との開幕戦では先発マスクをかぶるなど、ここまで10試合に出場し打率・120、4打点の成績を残していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月13日のニュース