阪神・岩貞 球児の教え“体現”する1年

[ 2020年7月13日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―1DeNA ( 2020年7月12日    甲子園 )

スアレスからウイニングボールを受け取る岩貞(左) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ


 【記者フリートーク】この夜も、授かった言葉の数々が生きたはず…。「とてもじゃないけど1つでは…無理です。教わったことは数知れないんで」。

 7年目左腕の血となり肉となっているのが、藤川の助言の数々だ。「結果じゃない、その先にある事の発端というか。例えばタイムリーを打たれて、この配球ダメだったとかは、誰でもできる反省。球児さんはタイムリーを打たれて、その走者はどうやって出した?とか。その時の配球はこうだったなとか。自分としても考えることが多くなります」。

 今年は教えを“体現”する1年になる。ゆったりと右足を上げ、真下に下ろす新フォームは、先輩のアドバイスで「一緒に」作り上げた。「声を掛けてくれて、3日ぐらい付きっきりで改造して、今の形に至ってる。球児さんのためにも必死にやっていく」。背番号22が右肩の不調で1軍を離脱した日に見せた快投は、偶然ではない。進化を誓った114球。数多く白星を積み上げ“再会”する。(阪神担当・遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月13日のニュース