大谷 紅白戦2度目の登板は14日 休養設けずマウンドへ

[ 2020年7月14日 00:00 ]

右肘手術を受けてから初の試合形式となる紅白戦に登板したエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルス・大谷は13日(日本時間14日)の紅白戦で2度目の登板となる。二刀流起用された18年は、登板前後1日は欠場し、調整や休養に充てた。今回は打者出場から休養日を設けずにマウンドに上がる。

 前回7日(同8日)の紅白戦では打者10人に7四球。打者出場翌日に登板できれば、二刀流起用の幅が広がるだけに投球内容が注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月13日のニュース