早大 OP戦解禁も5失策逆転負け

[ 2020年7月13日 05:30 ]

 東京六大学野球の早大が新型コロナウイルスで自粛していたオープン戦を解禁。12日に東都大学野球2部の国士舘大と対戦した。

 ドラフト候補の2メートル左腕、今西拓弥(広陵)が先発。4回を1失点(自責0)で抑え、MAXタイの147キロもマーク。「コロナで野球のできる喜び、幸せを感じました。プロで勝負したいので一日をムダにせずに取り組みたい」と8月10日からの春季リーグ戦を見据えた。

 ただ試合は5失策などミスが重なって3―6の逆転負け。試合後のミーティングでは小宮山悟監督がグラウンドに響き渡る怒声を発し気合を入れ直していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月13日のニュース