四国IL・高知、所属選手1人が新型コロナ感染 今月31日まで公式戦中止

[ 2020年7月13日 11:36 ]

 四国アイランドリーグplusの高知は13日、所属選手1人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性と判定されたと発表。感染拡大防止のため、今月31日までの高知の公式戦が中止となった。なお、陽性と判定された選手の氏名は公表していない。

 球団公式ホームページによると、当該選手は、今月5日に徳島で試合後、大阪へ自車移動し知人と会食。翌6日に高知へ自車で戻った。11日の練習中に体調不良となり、救急病院を受診し、PCR検査を実施。12日午後3時頃に陽性と判定された。

 球団は「当該選手以外の選手、スタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を呈している者はおりません。保健所の指導のもと、濃厚接触者の特定と検査を行ってまいります」と発表。

 また、今月17~31日に開催予定だった公式戦11試合の中止も決定。今後のスケジュール等に関しては「四国アイランドリーグplus及び高知県、所轄の保健所とも連携し、適切なタイミングで公表をいたします。また、選手、スタッフの健康状態を確認し、所管保健所の指導のもとに、運営の再開を目指してまいります」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月13日のニュース