DeNA 球団オリジナル醸造ビールから製造した手指消毒用アルコールを提供

[ 2020年7月13日 11:58 ]

球団オリジナル醸造ビールを再利用した手指消毒用アルコール
Photo By スポニチ

 DeNAは13日、球団オリジナル醸造ビールからできた手指消毒用アルコールを17日から提供開始すると発表した。

 4月10日に発表された酒類製造者や販売者が製造する高濃度エタノールを消毒液の代わりとして使用できる特例を受け、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で開幕が遅れたことにより提供できなくなった球団オリジナル醸造ビール「BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)」約3000リットルを再利用。

 木内酒造と横浜ベイブルーイング協力のもと、球団オリジナル醸造ビールを原材料とした手や指などに使用する消毒用エタノールの代替品としてアルコールを抽出し、手指消毒用のアルコール約60000回分として再利用。横浜スタジアムでの有観客地合初戦となる17日から、手荷物検査エリアにて提供を開始する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月13日のニュース