日本ハム清宮 自己最多タイ7号“ゴローン”から右翼へ“ゴーン”「本当に恥ずかしかった」

[ 2019年9月9日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2-0オリックス ( 2019年9月8日    札幌D )

2回2死一塁、西浦の打球を追ってこけた清宮(右は浅間)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 “ゴローン”からの“ゴーン”だ。日本ハム・清宮がズッコケながらも、自己記録に並ぶ7号ソロと主役の座を奪った。「そんな盛り上げ方をするつもりはなかった」という珍プレーで沸かせた。2回2死からマウンド付近に上がった飛球に大声を出して突進も、投手板につまずいた。“ゴローン”と倒れている間に三塁手・浅間が難なく捕球し「本当に恥ずかしかった。(浅間の掛け声も)聞こえていたけど、俺だろと思ったら全然違いました」と赤面した。

 しかし、それだけで終わらないのがスターだ。1―0の8回には昨季の自己記録に並ぶ7号ソロを右翼席へ“ゴーン”と叩き込んだ。昨季は180打席、今季は233打席目の到達とあり「まだまだ。残り試合で少しでも多く打てれば…」と初の2桁本塁打へ意気込んだ。(東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月9日のニュース