巨人・桜井 DeNA打線に「嫌な意識をさせたい」 11日先発へ

[ 2019年9月9日 15:47 ]

<巨人練習>ブルペンでピッチングを行った桜井(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の桜井が9日、川崎市ジャイアンツ球場で投手練習に参加した。11日のDeNA戦(横浜)に中5日で先発予定。ブルペンで投球練習を行い「早めに初球から勝負していく。球数少なく打たせるイメージで。テンポを意識して投げていきたい」と意気込みを口にした。

 ここまで8勝をマークしているが、DeNA相手には先発での勝利はなく、防御率は6・00。8月23日の同戦(東京ドーム)では3回5失点で降板。「主軸をしっかり抑えるのが大事。CSで当たると思うので、ちょっとでも嫌な意識をさせたいなと。投げる前からちょっと有利なところをつくっていきたい」。DeNA打線相手に好投を見せ、優勝を手繰り寄せるとともにCSに向けて苦手意識を植え付ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月9日のニュース