巨人 M再点灯クックに託す!来日初先発へ「気持ちもより入るし、楽しみな気持ちが増す」

[ 2019年9月9日 05:30 ]

バント練習をするクック(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ヤクルト戦が中止となり、巨人は先発予定だったクックが優勝マジックの再点灯を懸けて、10日のDeNA戦(横浜)にスライドする。開幕時は守護神を務めた右腕は、来日初先発に向けて打撃練習も行った。4ゲーム差の2位との3連戦初戦。「大事な試合であれば気持ちもより入るし、楽しみな気持ちが増す」と力を込めた。

 菅野、メルセデス、今村が出場選手登録を抹消中。以前から宮本投手総合コーチは「中止になれば、日曜日の投手が(10日に)行く」と話していた。2戦目には桜井、3戦目には山口がそれぞれ中5日、中4日で投入される見込み。勝ちか引き分けでマジックが点灯するが、原監督は「一戦一戦勝つために戦っているというスタイル。(直接対決)だからといってどうというのはない」といつも通りだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月9日のニュース