U18W杯 台湾が優勝 米の5連覇阻止、9回の反撃振り切る

[ 2019年9月9日 05:30 ]

U18W杯 決勝   台湾2-1米国 ( 2019年9月8日    韓国・機張 )

優勝トロフィーを手に笑顔を見せる台湾・王彦程(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 台湾ナインは優勝が決まると、マウンド付近で水を掛け合いながら喜びを爆発させた。米国の5連覇を阻んで頂点に立ち、周宗志(チョウツンチ)監督は「とても幸せ」と実感を込めた。

 5回に1点を先制すると先発の余謙(ユチエン)が150キロに達する直球を軸に7回途中まで無失点に抑えた。2―0の9回に1点差に迫られたが逃げ切った。指揮官は「大会を通して投手陣がいい仕事をしてくれた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月9日のニュース