西武・本田 故郷・仙台で凱旋白星ならず…6回途中1失点も「銀次さんで切りたかった」

[ 2019年9月9日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3-2楽天 ( 2019年9月8日    楽天生命パーク )

凱旋白星を惜しくも逃した本田(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 故郷・仙台での初白星はならなかった。西武・本田が6回途中まで1失点と好投した。

 2回に連続四球を与えるなど制球に苦しんだが、その後は立ち直って、5回まで3安打無失点。2―0の6回2死から、銀次に中前打を浴びたところで交代となった。

 チームの勝利には貢献したが「銀次さんで切りたかった」と悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月9日のニュース