ロッテ「監督白星」は井口監督 “代行”の鳥越ヘッド、選手にゲキ「動揺するな」

[ 2019年9月9日 23:04 ]

パ・リーグ   ロッテ11―6ソフトバンク ( 2019年9月9日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>試合後、福岡のファンに挨拶する井口監督(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 退場処分となった井口監督に代わり、4回裏途中から「監督代行」を託されたロッテ・鳥越ヘッドコーチは、チームを勝利へ導いたが「監督白星」は記録されなかった。

 「選手たちもそれなりの動揺はあったと思うが、頑張ってくれた。勝って終われたことがよかったです」

 3点差に迫られた5回には円陣を組み「動揺するな。普段通りだ」とげきを飛ばし、この回に2点を追加。5点リードした5回無死一塁では3回に6号2ランを放っている1番・岡に送りバントを命じ、追加点につなげるなど、効果的な得点で逃げ切った。

 5回の試合成立前の退場処分で「監督代行」となったが、監督としての白星は井口監督に記録される。公式記録員によれば「申請された“代行監督”ではないので、井口監督の白星になります」。休養などにより、NPBへ正式な申請が出された状態であれば「代行監督」の白星になるが、今回のような突発的な退場による代行の場合は適用外となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月9日のニュース