オリ3連敗、今季最悪タイ借金12 移籍後初先発の竹安、615日ぶり勝利ならず

[ 2019年6月13日 05:30 ]

交流戦   オリックス2―6中日 ( 2019年6月12日    京セラD )

<オ・中>6回途中でマウンドを降りる竹安(左)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 移籍後初登板初先発だったオリックス・竹安は無念の6回途中降板で阪神時代の17年10月5日の中日戦以来、615日ぶりの勝利に届かなかった。

 5度も先頭打者を塁に出すなどリズムの悪い投球に「今日は反省ばかり。大事にいきすぎた」と浮かない表情だった。

 次回登板について西村監督は荒西、成瀬との比較となることを示唆し、19日の巨人戦では榊原が先発復帰を予定。FA移籍した西の人的補償で獲得した新戦力でも打開できず、3連敗で今季最悪に並ぶ借金12。首位の楽天から早くも10ゲーム差になった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月13日のニュース