大商大 4年ぶり8強、プロ注目左腕・橋本が1失点完投

[ 2019年6月13日 05:30 ]

第68回全日本大学野球選手権第3日   大商大2―1九産大 ( 2019年6月12日    東京D )

<九産大・大商大>力投する橋本(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 大商大が4年ぶりの8強進出を決めた。今秋ドラフト候補の左腕・橋本が3安打1失点完投。「先取点を取ってくれたので楽な気持ちで投げることができました」と振り返った。

 10日の日本文理大戦では、エースで同様にドラフト候補の大西が4安打1失点完投。両輪が競い合い、準優勝した75、76年を超える高みを目指す。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月13日のニュース