巨人・炭谷 古巣西武から移籍後初V打&5投手好リード「何とかしたいと思っていた」

[ 2019年6月13日 05:30 ]

交流戦   巨人9-4西武 ( 2019年6月12日    メットライフD )

4回、炭谷が中前に2点適時打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武ファンの前で「いぶし銀」の輝きを放った。2―3の4回無死二、三塁。巨人・炭谷は昨年までの同僚・十亀の内角シュートをしぶとく中前へ。古巣から放った逆転2点打が、移籍後初の決勝打となった。

 「点を取られた後だったので、何とかしたいと思っていた。結果的にいいところにいってくれてよかった」

 強烈な恩返しの一打を放った西武には、プロ入りから昨季まで13年間在籍。寮時代は早朝5時から打撃練習に励み、昼寝をしてからナイターの試合に向かった。巨人にFA移籍しても、その姿勢は変わらない。春季キャンプでは午前8時には球場へ。投手陣のクセなどを頭に入れるため、例年以上にブルペンでボールを受けた。新しいチームメートと食事や風呂場でコミュニケーションを取り、選手名鑑も読み込んだ。

 そんな姿を知っているからこそ、西武ファンからはスタメン発表と第1打席に温かい拍手を送られた。「ありがたい。でも試合をやる以上は敵なので」。マスクをかぶっては、先発の田口が4失点も4人の救援陣を好リード。5回以降は無失点に抑えた。8回2死満塁では亀井の左翼線二塁打で、一塁から激走して一気に生還した。

 走攻守で2位を死守する勝利に貢献した31歳。原監督も「西武の球場で培ったから、いい形で出迎えてもらった。打つ方でも存在感があった。小林も生きた教材の中で、いい刺激になっている」と加入の効果を口にした。

 少年時代に大ファンの原監督の背番号8のユニホームで、東京ドームでプロ野球を初観戦した炭谷。「明日も全力で取りにいきたい」。ユニホームはブルーからオレンジに変わっても存在感は変わらない。(青森 正宣)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月13日のニュース