楽天堅首4連勝、39歳久保が今季初登板初勝利「元気なおじちゃん帰ってきました」

[ 2019年6月13日 05:30 ]

交流戦   楽天7-4ヤクルト ( 2019年6月12日    楽天生命パーク )

お立ち台で帽子を振ってファンの声援に応える久保(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 「吉田輝世代」の20学年上の松坂世代も負けていない。39歳の楽天・久保はお立ち台で「元気なおじちゃんが帰ってきました」とファンを笑わせた。

 1点差の4回1死二、三塁で2番手登板。2死満塁とされたが青木を右飛に仕留め、DeNAでも同僚だった熊原の窮地を救った。5回は山田哲、バレンティン、村上の主軸を3者凡退。今季初登板を昨年7月27日ソフトバンク戦以来の白星で飾った17年目の右腕は「大きな声援をいただけるうちは頑張りたい」と語気を強めた。

 チームは4連勝で首位をキープ。平石監督は「2軍でも前向きな投球をしてくれていた」と同学年の好救援を称え、久保は「平石さんは松坂世代初の監督なので、初年度に胴上げしたい」と誓った。(君島 圭介)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月13日のニュース