西武、一時逆転も4回の逸機悔やむ 辻監督「追いつけなかったからね…」

[ 2019年6月13日 05:30 ]

交流戦   西武4-9巨人 ( 2019年6月12日    メットライフD )

選手交代を告げた辻監督は険しい表情でベンチに戻る(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は一時は逆転も、最後は突き放されて交流戦は4勝4敗の五分となった。辻監督が「2死を取ってからの(炭谷)銀仁朗への四球はね…」と悔やんだのは、4―5の8回2死一、二塁から与えた四球だった。

 結局、この回4失点で勝負あり。打線も、1点差に迫り、なおも2死満塁だった4回の好機を逃すと、5回以降は2安打。指揮官は「(4回に)追いつけなかったからね」と元気がなかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月13日のニュース