DeNA・大和、V撃3打点で今季最多タイ4連勝けん引「抜けてくれてラッキー」

[ 2019年6月13日 05:30 ]

交流戦   DeNA6-5ロッテ ( 2019年6月12日    ZOZO )

笑顔でヒーローインタビューに答える大和(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの大和が同点の8回2死から中前へ決勝2点打を放ち、今季最多タイの4連勝に導いた。1ボールからの2球目を叩いた一打に「待っていても仕方がない。必死に食らいついた。抜けてくれてラッキー」と振り返った。

 1点を追う4回には押し出し四球を選び、今季最多タイの3打点。昨年はこの球場で試合前のフリー打撃の打球を頭部に当てて救急車で運ばれ、2試合を欠場。復帰した3戦目で延長11回に勝ち越し打を放った。全て逆転での4連勝。ラミレス監督も「シーズン序盤にできなかった勝ち方ができるようになった」と目を細めた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月13日のニュース