阪神 今季6度目の零敗…初対戦の投手に5勝目を献上 矢野監督、先発高橋は「めちゃめちゃ良かった」

[ 2019年6月13日 21:04 ]

交流戦   阪神0―3ソフトバンク ( 2019年6月13日    ヤフオクD )

<ソ・神>9回2死、糸井が遊ゴロに倒れベンチで渋い表情の矢野監督(左から2人目)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 阪神は13日のソフトバンク戦に0―3で敗れて今季6度目の零敗を喫した。

 打線は左腕・大竹の前に序盤から凡打の山を積み重ね、高山の放った2安打に封じられる完敗。

 先発・高橋遥は6回まで強力打線に真っ向勝負を挑み、互角の投手戦を演じたが7回1死一、二塁からグラシアルに内角低めのカットボールを捉えられ痛恨の先制3ランを浴びて勝負は決した。

 初顔合わせの大竹を攻略できず、今季チームは初対戦の投手に5勝目を献上。試合後、矢野監督は「(高橋は)めちゃめちゃ良かった。ナイスピッチングやった。(打線は)少ないチャンスを何とかものにしたいというのはあったんだけど」と振り返った。

 引き分けを挟んだ連勝は2でストップし、4度目となった今季最多貯金7への挑戦も失敗に終わった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月13日のニュース