巨人、西武に連勝で交流戦3カード連続勝ち越し!炭谷“恩返し”3ラン 桜井7回1失点で3勝目

[ 2019年6月13日 21:05 ]

交流戦   巨人8―2西武 ( 2019年6月13日    メットライフD )

4回2死二、三塁、左越え3ランを放ちガッツポーズする炭谷(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人は投打がかみ合い西武に連勝。交流戦3カード連続の勝ち越しを決めた。

 初回に丸の適時打で1点を先制し、4回に2死二、三塁の好機をつくると炭谷が3号3ランを放ってリードを4点に。5回には阿部に3号2ランが飛び出し、一発攻勢で西武を突き放した。

 先発の桜井は序盤から走者を背負うも、粘りの投球で7回をソロ本塁打による1失点。4死四球を与えたものの“獅子おどし打線”を4安打に封じ、6日の楽天戦(楽天生命パーク)に続く自身2連勝を飾った。

 西武は先発の郭俊麟(クォ・ジュンリン)が炭谷に“恩返し弾”を浴びるなど4回4失点で降板。2番手以降も失点を重ね、巨人に連敗を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月13日のニュース