ソフトB・和田また勝てず…「粘れなかった」チームは3位転落

[ 2019年6月13日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク2-8阪神 ( 2019年6月12日    ヤフオクD )

降板する和田
Photo By スポニチ

 2季ぶりの1軍登板から2度目の登板となったソフトバンク・和田が、6回途中7安打4失点で黒星を喫した。17年9月以来の勝利はつかめず、チームも3試合勝ちなしで3位に転落。「粘らなければいけないイニング、打者、カウントで粘れなかった」と顔をしかめた。

 工藤監督は「あそこまで投げられたのは、本人の感覚としても悪いものではなかったと思う」と収穫を挙げた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月13日のニュース