中日育成の石田健人マルク 実戦練習で無失点 近藤を直球で三振斬り!

[ 2019年2月4日 18:47 ]

中日春季キャンプ ( 2019年2月4日 )

<中日キャンプ>実戦形式の練習でマウンドに上がり、好投をする石田健斗マルク(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の石田健人マルク投手(23)が4日、沖縄・北谷の春季キャンプで実戦練習に登板。打者4人に対し14球を投じ、2安打を許したものの無失点だった。近藤から空振り三振を奪うなど、直球は威力十分で「秋から冬にかけて強いストレートを投げることに取り組んでいた。できる範囲でのピッチングはできた」と振り返った。

 父がベルギー人というハーフのイケメン右腕は、飛び跳ねるような投げ方が特徴的で「打者のタイミングをずらす意図はない。自分の中では普通に投げているつもり」と話す。

 今は背番号209の育成だが「早く支配下になって戦力になれるように」と2桁背番号の奪取を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース