阪神・岩田、復活へカーブ改良「僕の中ではゼロにはできない球種」

[ 2019年2月4日 05:30 ]

阪神・春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

平田2軍監督(後方)が見守る中、ブルペンで投球練習を行う岩田(撮影・成瀬 徹)     
Photo By スポニチ

 高知・安芸キャンプスタートとなっている阪神・岩田が新たな武器を習得中だ。新球ではない。独特のドロンと大きく曲がり落ちるカーブの改良。リリースした瞬間から真っすぐに近い軌道を見せてから曲がり落とそうとしている。

 「僕の中ではゼロにはできない球種。でも、ドヨ〜ンとしたのはいらないかな」

 この日のブルペンでは何度も引っかけてワンバウンドしたりと、まだ完全に自分のイメージする軌道はつかめてはいない。1球1球、捕手と確認作業をしながらの70球。岡本と2人だけという第1クール3日間すべてブルペン入りの事実が、今キャンプのテーマを物語っている。

 「まだどうなのか試している段階。実戦の中で、打者の反応を見てみたい」

 わずか6試合登板だった昨年、カーブが結果球となったのは7度で、3安打されている。被打率は・429。スライダーやフォーク、カット、シュートと比較しても突出して悪い。0勝(4敗)に終わった原因の一つの可能性は高い。

 限度額いっぱいのダウン提示でサインした昨年の契約更改で、「ことしで終わりだと思っていた」と一度は土俵際に足がかかった。得意球をチェンジするには勇気が必要だが、14年目ベテラン左腕は、覚悟の春を送っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース