雄星が渡米 13日キャンプイン「やってやるぞという気持ち」

[ 2019年2月4日 05:30 ]

米国へ向け出発するマリナーズの菊池
Photo By 共同

 西武からポスティングシステムを利用してマリナーズに移籍した菊池が、関西空港から渡米した。1年目から先発陣の軸として期待されており「やってやるぞという気持ち。27年間、日本でたくさんの方々に支えていただいたので、感謝の気持ちでプレーしたい」と意気込みを語った。

 1月は石垣島で自主トレに励んだ。すでにブルペンにも入っている。「(滑りやすいとされるメジャーの)新しいボールにもだいぶ慣れてきた。いい調整ができている」。今後はアリゾナ州ピオリアでの11日(日本時間12日)のバッテリー組集合日に参加し、翌12日(同13日)にキャンプ初日を迎える。

 元フリーキャスターの瑠美夫人(32)が第1子を妊娠。今夏にも本拠地シアトルで出産する予定だ。「日本に残る妻はいつも心配している。健康でいい準備ができていることを毎日届けられるように頑張りたい」と父親としての自覚もにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース