阪神・西、圧巻の制球力!ブルペン捕手うなった「目をつぶっていても取れる」

[ 2019年2月4日 05:30 ]

阪神・春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

ブルペンで投げ込む西(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 驚異的な制球力で感嘆のため息を誘ったのは西だ。キャンプ初日から3日連続でブルペン入り。左右のコースを意識した右腕の全51球を受け取った片山大樹ブルペン捕手も思わずうなった。

 「良かったですよね。目をつぶっていても(球が)取れるくらいの制球力ですよ。レベルが高いですね」

 構えたミットにビシバシと白球が吸い込まれた。もともと制球力が高いとはいえ、これだけコースに決まれば、受け手の声は弾む。「伸びた!」、「ナイスボール!」――。威勢のいい声とミット音がこだました。3日連続のブルペン入りに西は「計画通り。無計画は嫌いなので。悪くない」とうなずいた。

 投球練習後はティー打撃を敢行。打撃練習にも高い目的意識を持って取り組んでいる。「しっかり打って最低限の役割を果たしたい。ただの9番打者として(打席に)立っているだけじゃなく、果敢に攻めていきたい」。打棒を磨くことは自身を助けることにもつながる。矢野監督も絶大な信頼を寄せた。

 「西は自分の中でプランを立てられていると思う。違うチームに来て、普通にやろうと思っても勝手に気を使うとか、勝手に疲れるとか、そういうのがあるはずなんよ。3日もブルペンに入れるんやったら、心配ないかなと思う」

 移籍初年度のキャンプは第1クールが終了。西も手応えを口にした。「(状態としては)半分くらいかな。(昨年の)10月から2月1日までマウンドに入っていなかったので、ファーストフィーリングは良かった。やってきたことは間違っていない」。虎の一員として順調に歩を進めている。 (吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース