西武ニールが初ブルペン 万全45球「調子悪くなかった」

[ 2019年2月4日 05:30 ]

西武・春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

辻監督(左)の前でブルペン投球するニール(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の新外国人右腕ニールが初めてブルペン入り。捕手を座らせ、変化球を交えて45球を投じた。

 来日するまで6度のブルペン投球を行っており「準備はできていた。調子は悪くなかった」。入団が決まってからは日本のボールを使って練習をしてきたといい「マウンドは(日本の方が)軟らかくて違いは感じたが、ボールの違いで困ることはなかった」と頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース