西武ドラ3山野辺、源田の美技にうっとり「入るまでが奇麗」

[ 2019年2月4日 05:30 ]

西武・春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

居残り特守で、源田(右)の前で打球を処理する山野辺(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武ドラフト3位の山野辺(三菱自動車岡崎)が源田と特守を行った。二塁が本職のルーキーは、遊撃で憧れの源田と1時間以上に及ぶ捕球と送球を繰り返し「まさか一緒にできるとは…。ボールに入るまでが奇麗。まねしたいけど難しい」と興奮気味に話した。

 源田から足の運び方などの助言ももらい「近づけるように頑張っていきたい」。見守った辻監督は「(源田を)見るのが勉強。目で見て感じてほしい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース