ヤクルト青木、日本通算1500安打あと54 最速記録更新へ

[ 2019年2月4日 05:30 ]

ヤクルト・青木
Photo By スポニチ

 【ヤクルト注目の記録】 青木は日本での通算1500安打まであと54本に迫っている。最速記録は11年松井稼頭央(楽)の1233試合。昨年まで青木の通算出場は1112試合だから、大幅更新の可能性が高い。

 昨年は打率・327でリーグ4位。前半戦は・308だったが、後半戦は・349と猛チャージを見せた。青木は05、07、10年と3度首位打者を獲得。首位打者の最多記録は張本勲(東映、日)、イチロー(オ)の7度だが、4度以上なら史上7人目になる。今季は前半戦からペースを上げ、9年ぶりのタイトルにつなげたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース