清宮VS王柏融、左翼争い火花 栗山監督「送球良くなっている」

[ 2019年2月4日 05:30 ]

日本ハム・春季キャンプ ( 2019年2月2日 )

練習中、笑顔がこぼれる清宮(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮がシートノックで新外国人の王柏融(ワンボーロン)とともに左翼に入って定位置争いの火花を散らした。

 本職は一塁の清宮も正確なワンバウンド送球を披露。「オフにしっかり投げてきたのでよかったと思う」と言い、栗山監督も「送球は確実に良くなっている」と称えた。一方の王柏融も清宮と左翼を争うことについて「強いチームをつくりあげるためには必要」と歓迎していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース