中日・阿波野コーチが異色トレ導入 反対打ちで球速UP狙う

[ 2019年2月4日 05:50 ]

中日春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

中日の阿波野コーチ
Photo By スポニチ

 中日の阿波野投手コーチが沖縄・北谷キャンプで珍しいトレーニングを導入している。

 室内練習場で行われた投手の打撃練習。右投げ右打ちの選手たちは左打ちで、左投げ左打ちの選手は右打ちでバットを振り込む。

 阿波野コーチは「反対軸でも自分の思い通りに体を使うことが目的」と意図を明かしたが、その先にはさらなる狙いもあった。

 「今まで実験してきて反対打ちに取り組むことで球速のアップにつながった」

 巨人などで指導経験が豊富な同コーチならではの実体験。すぐさま効果はないが「右投手も左打ちの練習を入れれば、そこにつながる体の使い方になる。トレーニングの一環」。あくまでも左右差の偏りを解消する練習法だが近い将来、中日の投手陣の球速が上がるかもしれない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース