ロッテ・ドラ1藤原「ヨガポーズ」で柔らか股関節 無駄のない盗塁スタートへ

[ 2019年2月4日 08:30 ]

ロッテ・春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

大塚コーチ(左)から指導をうける藤原 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 【キャンプ追球 ここにFOCUS】 胸の前で合掌し、上体を時計回りにゆっくりとひねる。中腰で繰り返すそのポーズは一瞬、ヨガと見間違った。ロッテのドラフト1位・藤原(大阪桐蔭)が挑戦したのは盗塁のスタート練習だった。

 「盗塁はいいスタートを切ることが大事。自分は股関節の使い方が下手だと思います。今日、教わったことを続けていきたい」

 50メートル5秒7と俊足が持ち味だが、マンツーマンで指導した大塚明外野守備走塁コーチは「股関節(の使い方)が硬くて、正面に向くのが遅い」とスタートに関しては改善の余地を指摘。体が二塁ベースと「正対」しないまま走りだすことで、ロスが生まれていた。

 「ヨガポーズ」で体をひねるのは「体幹の動き方を知ってもらいたい」と同コーチ。弱点を分からせるための確認作業でもある。

 井口監督は藤原の打撃について「なるべく触らないように」と改造禁止令を出したが、背番号2の持ち味である「足」だけはその限りではなかった。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース