DeNA・京山 初フリー登板で手応え「最初にしてはいい方」 先発ローテ定着期待

[ 2019年2月4日 14:42 ]

DeNA・春季キャンプ ( 2019年2月4日 )

<DeNAキャンプ第1クール4日目>フリー打撃に登板した京山(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 3年目右腕のDeNA・京山が4日、沖縄・宜野湾キャンプで今キャンプ初のフリー打撃に登板した。神里、楠本、ドラフト6位の知野(BC新潟)を相手に計44球で安打性の当たりは3本だけだった。

 「最初にしてはいい方。打者との感覚を確かめたいというのをテーマに投げました」と手応えを口にした。昨年は6勝を挙げたが、今季は先発ローテーション定着が期待される。「まずケガをしないことと、しっかり結果を残して、(1軍に)残れるように頑張りたい」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース