オリ・ドラ4富山が“魔球”解禁 西村監督も期待「面白い」

[ 2019年2月4日 05:53 ]

貴重な左腕として期待の富山(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト4位・富山(トヨタ自動車)が魔球を解禁するプランを明かした。3日はブルペンで47球の調整。元々フォークが揺れながら落ちる独特の軌道で、社会人時代は制球に苦労したため封印してきたが、ブルペンで若月から「使えるから、もっと使えば」とお墨付きを得て、「投げていこうと思っています」と解禁する決意を見せた。

 視察した西村監督は「見ていてもタイミングが取りづらそう。面白い」と先発ローテ争いに加えることを示唆。9日にフリー打撃に登板し、順調ならば第3クール中の紅白戦で登板予定だ。「今は試されている時期。できるだけ毎日投げてアピールしたい」。決め球のツーシームに加え、現在はカットボールを習得中で、先発枠に割って入る可能性も十分だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月4日のニュース