異例!非役員の丸&秋山が事務折衝に初出席 「現役ドラフト」導入を要求

[ 2019年1月23日 05:30 ]

選手会事務所折衝のためNPBを訪れた丸(右)と秋山
Photo By スポニチ

 巨人にFA移籍した丸と西武・秋山が22日、都内で行われたNPBと労組・日本プロ野球選手会による事務折衝に初めて出席した。選手会役員でない両選手の出席は異例。出場機会の少ない現役選手を他球団が獲得できる「現役ドラフト」の導入などを求めた。2軍選手から意見を聞いていた丸は「他のところでチャンスがもらえるのであれば、モチベーションも上がると聞いた」と話した。

 大リーグでマイナー選手を他球団が獲得できる「ルール5ドラフト」を参考にし、選手会が10年以上前から提案している。国際試合の待遇改善についても話し合われたことから、日の丸経験のある両選手が出席した。丸は「なかなかない機会。球団側がどう思っているか聞いて納得した部分もある」と、秋山は「歩み寄れたらいいと思う。貴重な時間でした」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年1月23日のニュース