輝星“筋肉痛=フォームの乱れ”の持論 金足農先輩・豪風引退に「寂しい」

[ 2019年1月23日 05:30 ]

<日ハム自主トレ>ノックに食らいつく吉田輝(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝(金足農)が、千葉県鎌ケ谷市で新人合同自主トレに参加し、フォーム固めに専念した。2度目のブルペン投球から一夜明け「投げ方が悪かったので、肩回りが筋肉痛です。投げ方が良ければ200球投げても筋肉痛にはならない」と持論を展開。「下半身の回転で、腕が勝手に回るフォームが理想」とキャッチボールなどで意識した。

 この日は、母校・金足農の先輩でもある大相撲の豪風が引退。同校の校舎内で、対面したこともあるだけに「寂しい。秋田のアスリートが少なくなる分、秋田のために自分も頑張りたい」と言った。高校時代に「下半身の踏ん張りを付けるために」と相撲の動きである四股や、股割りを行った右腕はプロでも継続する考えだ。 (武田 勇美)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月23日のニュース