加治屋 課題は下半身&柔軟性「1年間戦える体を」

[ 2019年1月23日 05:30 ]

<ソフトバンク自主トレ>ダッシュを行う加治屋(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 昨季、球団タイ記録の72試合に登板したソフトバンク・加治屋が、キャッチボールやランニングなどで汗を流した。自主トレのテーマについて「下半身の強化と柔軟性を高めること。昨年はシーズン中に下半身がへばってボールが行かなくなったので」と説明。今季もセットアッパーでのフル回転が期待される右腕は「1年間戦える体をつくってキャンプに入りたい」と意気込んだ。

 育成ドラフト3位の重田(国士舘大)は育成出身の大竹からアドバイスをもらった。室内練習場で対面すると「カーブはどういうイメージで投げていますか?」などと質問。丁寧に答えた大竹は「僕はこういう感じというのを話しました。育成選手の気持ちは分かるので、はい上がってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月23日のニュース