根尾に岐阜の野球少年熱視線 故郷は「落ち着く場所」

[ 2018年12月14日 18:42 ]

<岐阜ベースボールフォーラム>中日ドラフト3位・勝野と共に照れ笑いを浮べる根尾(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)が14日、出身地の岐阜県で行われた「ぎふベースボールフォーラム」に出席。同じ岐阜出身の同3位・勝野(三菱重工名古屋)や5位・垣越(山梨学院高)らと壇上に上がり、岐阜の野球少年たちの視線を釘付けにした。

 この日は、広島のドラフト4位・中神(市岐阜商)、巨人の育成ドラフト2位・平井(岐阜第一)も参加。勝野をのぞけば、全員同学年で「同じ岐阜で戦っていた選手。同じ年にプロ野球に一緒に入れるのは嬉しい。他の選手に負けないようにやりたい」と意気込んだ。

 ただ、飛騨市出身の根尾は開催地となった岐阜市は「あまりこっち(岐阜市内)に来ないので…」と苦笑いし、馴染みがない様子。それでも「中学までは岐阜だったので落ち着く場所」と故郷に思いをはせた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月14日のニュース